挙手は控えめに

主に趣味のことを気の向くまま書いています。

EVE-NGにISEを入れたときのメモ

VMware PlayerでEVE-NGにISEを入れた時のメモ。

用意するもの


・ISE本体

 ...公式(Software Download - Cisco Systems)からダウンロード。

  私の権限でダウンロードできたバージョンは1.1.4でした。ありがたや。

  この記事ではISEのISOイメージを使っています。


・EVE-NG

 ...公式(Eve-NG)からダウンロード&インストール。この記事ではインストール前提です。


VMWare Player

 ...公式(VMware Workstation Player | VMware)からダウンロード&インストール。この記事ではインストール前提です。

手順


VMWare Playerを開き、「新規仮想マシンの作成」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222327p:plain


「新しい仮想マシンウィザード」ウインドウが表示される。

「後でOSをインストール」を選択し、「次へ」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222432p:plain


Linux」「Red Hat Linux Enterprise 6 64bit」を選択し、「次へ」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222447p:plain


仮想マシン名を入力。ここでは「ISE_Test」とした。

フォルダの場所は後で使うので、覚えておき、「次へ」。
f:id:ne-go_00:20190217222510p:plain


ディスク容量は60GB以上に設定する。

「仮想ディスクを単一ファイルとして格納」を選択し、「次へ」。
f:id:ne-go_00:20190217222530p:plain


「ハードウェアをカスタマイズ」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222542p:plain


「ハードウェア」ウインドウが出る。

メモリを4GB以上に設定。
f:id:ne-go_00:20190217222553p:plain


「プロセッサ」を選択し、コア数を選択。

Intel VT-x EP T または AMD-V/RVI を仮想化」にチェックを入れる。

※PCのBIOS設定で事前にCPU仮想化機能が有効化されていること
f:id:ne-go_00:20190217222604p:plain


「新規CD/DVD(SATA)」を選択し、「ISOイメージファイルを選択する」を選択。

ISEのイメージファイルを参照させる。

ここまでの設定が終わったら「閉じる」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222620p:plain


以下の画面に戻る。「完了」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222632p:plain


以下の画面に戻る。ISE_Testの「仮想マシンの再生」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222641p:plain


以下の画面が表示される。「1」を入力しEnter。
f:id:ne-go_00:20190217222651p:plain


なんやかんやメッセージが流れて、インストールが始まる。
f:id:ne-go_00:20190217222707p:plain


インストールが完了すると、自動でリブートする。

リブート後、以下画面が表示される。
f:id:ne-go_00:20190217222718p:plain


何も入力せずに、VMWare PlayerのメニューからOSをシャットダウンする。
f:id:ne-go_00:20190217222729p:plain


以下のウインドウが表示されたら、「はい」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222737p:plain


VMware Playerを使うのはここまで。


ここからEVE-NG(構築済みの前提)を使う。

EVE-NGにログインし、以下コマンドでISEイメージ格納用フォルダを作る。

ここではフォルダ名は「ISE-1.1.4.218」。

mkdir /opt/unetlab/addons/qemu/ISE-1.1.4.218/


VMWare Playerの仮想マシン保存フォルダへ行く。

以下のような拡張子「.vmdk」ファイルがあるはず。
f:id:ne-go_00:20190217222755p:plain


上記のファイル(このメモでは「ISE_Test.vmdk」)を、先ほど作ったEVE-NGのISE用フォルダに入れる。

※この記事を作ったときはFileZillaでsftp接続した


vmdkファイルの格納が完了したら、EVE-NGで以下コマンドを打つ。
ISEフォルダ名とvmdkファイル名は適宜読み替え。

cd/opt/unetlab/addons/qemu/ise-1.1.4.218/
/opt/qemu/bin/qemu-img convert -f vmdk -O qcow2 ISE_Test.vmdk hda.qcow2


上記コマンドが正常終了したら、元のvmdkファイルは消してよい。

これでISEがEVE-NG上で動かせるようになったはず。
f:id:ne-go_00:20190217222821p:plain


起動してくれた。完了。