挙手は控えめに

主に趣味のことを気の向くまま書いています。

EVE-NGでIntel VT-xが有効化できなくてなんやかんややった時のメモ

広告リンク

タイトルの通りです。

ほぼ自分用備忘録です。

 

エミュレータでネットワーク勉強しようと思い立ち、

とりあえず有名なEVE-NGを入れてみることにしました。

IOUではいらなかったのですが、

どうもEVE-NGではASAvやvIOSを動かすために

CPUの仮想化機能を利用するそうです。

 

とりあえずEVE-NGを入れたところ、起動してすぐ以下の警告が出ました。

 

WARNING: neither Intel VT-x or AMD-V found

 

あれ?動いてない・・・?

 

というわけで、なんやかんやいじったときのメモを以下に残しておきます。

※現時点で原因の追究・事象の解明等までできているわけではありません。

 

動作環境

Lenovo ThinkPad(CPUの仮想化対応は確認済)

Windows10 Home

VMware Workstation 14 Player

 

 

まずBIOS設定を再確認

以下に従って確認。

Virtualization Technology (VT-X)を有効にするには - Lenovo/Idea/ThinkPad/ThinkCentre

Intel(R) Virtualization Technology」を確認すると、Enabled。

再起動。

 

Windowsが悪さしてないか?

ググると、WindowsHyper-Vが有効になっていることがあるとか。

確認してみる。

「コントロールパネル」

 → 「プログラム」

 → 「Windowsの機能の有効化または無効化」

Hyper-V・・・ない。

入ってないのか?と思いこちらで確認。

Windows 10 Hyper-V のシステム要件 | Microsoft Docs

Windows 10 Home、関係なかった。

 

CPU仮想化、有効になってる?

有効になってるか確認できるソフトがあるというので、

以下から「VirtualChecker 3.0.1」をダウンロード。

OpenLibSys.org

 

確認してみた。

f:id:ne-go_00:20171027115921j:plain

できてる。

 

VMwareの設定を再確認

ここまでやってEVE-NGを再起動してみる。

が、警告は消えず。

EVE-NGを削除し、Windowsを再起動。

VMwareにEVE-NGを入れ直してみる。

さらに、EVEの「仮想マシン設定の編集」も確認。

以下の仮想化部分をしっかりチェックする。

f:id:ne-go_00:20171027120416j:plain

ここまでやってEVE-NGを起動。

 

f:id:ne-go_00:20171027120455j:plain

警告、消えた!

 

もしかして、EVEを入れ直すだけでもよかったのか?

と思いつつ、事象再現する気力もなく。切り分け難しい。

 

※参考にさせて頂いたページ

インテル VT-x を有効化する方法 BIOSが反映されない時は – weblog