挙手は控えめに

主に趣味のことを気の向くまま書いています。

【ヲタクに恋は難しい】アニメ感想

今更ですが、録りためてて放置していた

アニメ「ヲタクに恋は難しい」を、先週一気に観ました。

 

wotakoi-anime.com

 

全11話でしたが、作者様と年代が同じ?なのか

ネタがどハマりしてしまい、あっという間に観終わってしまいました。

あまりに面白かったので、コミック既刊6巻全部買ってしまった。。。

マンガも面白かった。

 

ヲタクは喋り方が基本残念(自分含む)なイメージもあるのですが、

アニメはメインキャラ全員さすが良い声で

うわキモッとは全くならなかったです。ていうか声優豪華だし。

 

セーラームーンドラゴンボールCCさくらあたりのネタが出てきて、

他のネタも年代が同じような感じ?なので、どハマり世代はその付近なのかと思います。

分からないネタもありましたが。。。勉強不足ですね。

 

少女漫画的なときめきもありつつ、

ヲタク的なノリの笑いもある、いわゆるラブコメで、

今のところシリアス要素がなく気楽に観れるのが良いです。

ついでにアニメOPも脳内ループしまくってました。

 

アニメの続き?があるようなことがコミックスで匂わされていたので、

今後に期待!したいと思います。

 

Google Homeが故障して無償で交換してもらったときのこと

先日、突然我が家のGoogle Home Miniが壊れました。

 

Miniの裏側にはマイクのミュート切替スイッチがあるのですが、

スイッチをミュートにしていないにも関わらず、

「マイクはオフです」

となぜかミュート認識してしまい、使いものにならない状態に。

 

たまーに

「マイクはオンです」

状態になったりするのですが、数分でミュートに戻り。

 

故障かな。。。ということで、

Googleのサポートに問い合わせました。

(↓ページの お問い合わせ→チャットをリクエスト をクリック)

 

support.google.com

 

 

チャットで対応していただき、サポートの方の指示に従って

再起動やらスイッチ切替やらいろいろ試しましたが直らず。

見事故障認定され、購入1年以内ということで、無償交換してもらえることに。

やったー。

 

購入証跡をメールで送れと言われ、

ネットで買ったものだったので、レシートは無かったのですが、

購入履歴のスクショでOKでした。

 

無償交換と言いつつ、

1.新品のGoogle Home MiniをGoogleのサイトで購入

2.新品が届いたら故障品を着払いでGoogleに郵送

3.Google側で故障品到着を確認したら1の購入代金を引き落とさないよう処理

という流れでした。

 

ちなみに交換してもらうときは、

故障品本体はもちろん、付属の充電ケーブルや箱もないと

応じてもらえないような感じでした。

特に箱は捨ててしまいがちなので、要注意。

 

Googleの規約には、購入1年以内の故障は対応してくれる

(但し日常使用による消耗は除く)とあるので、

私のような故障かも?の状態になった方は問い合わせてみても

よいかもしれません。

 

担当者の方には大変丁寧に対応頂きました。

おかげさまで我が家のGoogle Homeは今日も元気です。

 

【アライアンス・アライブ】クリア感想※ネタバレ有

クリアしたので感想。

 

2週間くらい前にクリアしていてすっかり忘れていました。。。

記憶はまだある。。。はず。。。

 

www.cs.furyu.jp

 

ゲーム自体は2017年6月に発売されたもので、

気になっていて中古の値下げを待っていたのですが、

評判が良くなかなか値下がらないゲームでした。

 

 

BGM

 

BGMは浜渦正志氏。良くないわけがない。

最高でした。

特に普通のフィールド戦闘曲が好きでした。

 

戦闘システム

 

戦闘システムは、ロマサガ風と言われるだけあって、まあその通りです。

戦闘中に新技がひらめく。

LVの概念は無く、戦闘後にランダムでHPやSPが上がる。

どうかなって思ってたけど、普通に楽しかったです。

 

難易度

 

全体的に難易度は高くなく、むしろ割と簡単な方だと思います。

私は、レベル上げ(HP/SP上げ?)は1度もせずクリアできました。

苦戦したのは白嶺城のグロッサ戦だけ。

ラスボスは余裕でした。

水魔の巣窟を一通り回ったからかもしれません。

 

クリア時間

 

けっこう寄り道したので、40時間超くらいでした。

ストーリー自体は長くないので、寄り道しなければ

30時間かからずクリアできそうな気もします。

 

ストーリー

 

ストーリー、とても良かったです。

王道の展開ではありますが、はっきりと言及されない謎も多く、

また謎を解くヒントはゲーム中に散りばめられており、

ユーザーに考えさせるつくりになっています。

寄り道をすれば、それだけヒントが得られるのですが、

全て説明されるわけではないので、ユーザーが推測するしかありません。

これが難しい...!!

 

1週目はうっかりスルーしたイベントがあったので、2週目もやりたいです。

2週目以降は強くてニューゲームができるのも、いいところですね。

ストーリー中に出てくる別の選択肢を選んだ場合の展開も見てみたいし、

2週目以降しか仲間にならないキャラも入れたいです。

 

少し残念だったのは、魔界の探索がほぼできないところでしょうか。

魔界の他のエリアも行ってみたかったし、他の魔族にももっと会ってみたかったです。

イグニスが何者なのかも知りたかった。

 

続編とか、あるのかな。。。

 

Google Homeで子供のおもらしをカウントする

久しぶりの更新。。。

 

とある理由で子供のおもらし回数を把握する必要があったため、

家にあるGoogle Home Miniを利用して、Googleドライブのスプレッドシート

おもらし回数を日毎に書き込んでくれる仕組みを作ってみました。

 

仕組みはこんな感じ。↓

  1. Google Homeに「おもらししたよ」的なことを話しかけ、IFTTT経由でGoogleスプレッドシートのカウント用シートに記録
  2. 毎晩、カウント用シートから集計し記録用シートへ書き込み

ではやってみましょう。

 

 

0.Googleスプレッドシートの準備

今回は、以下の2つのスプレッドシートを利用します。

  • カウント用シート...Google Homeからの都度書き込み用。作業用。
  • 記録用シート...カウント用シートの集計用。こっちが本丸。

というわけで、スプレッドシートを2つ作ります。

f:id:ne-go_00:20180924172159p:plain

カウント用は何もしません。作りっぱなし。

記録用は以下のような感じで、日毎のおもらし回数が分かるようにしました。

f:id:ne-go_00:20180924172258p:plain

 

1.Google Home→IFTTT→Googleスプレッドシートの連携作業

まず、Google Homeに話しかけたら、

Googleスプレッドシートのカウント用シートに書き込みがされるようにします。

これはIFTTTで設定。

なお、私は「アンパンマン」と話しかけると書き込まれるようにしました。

子供が遊ぶ可能性もあるので、このあたりはお好みでどうぞ。

 

thisにはGoogle AssistantSay a simple phraseを選択し、以下のように設定。

f:id:ne-go_00:20180924173943p:plain

 

thatにはGoogle SheetsAdd row to spreadsheetを選択し、以下のように設定。

カウント用のスプレッドシートを設定し、「おしっこ」と書き込まれるようにしました。

フォルダパスは、IFTTTフォルダに作成したので指定なし。

f:id:ne-go_00:20180929133856p:plain

以上で、IFTTTでの設定が完了。

 

2.Googleスプレッドシートでの集計作業

ここでは、カウント用シートに書き込まれた「おしっこ」の数を集計し、

記録用シートに日毎に書き込むためのスクリプトを作成します。

Google Driveにて記録用シートを開き、メニューの

ツールスクリプトエディタ で以下のようなスクリプトを作成しました。

 


function main(){
  //カウント用・記録用スプレッドシートの取得
  var count_spreadsheet =  SpreadsheetApp.openById('カウント用スプレッドシートのID');
  var record_spreadsheet = SpreadsheetApp.openById('記録用スプレッドシートのID');
  
  //カウント用・記録用シートの取得
  var count_sheet = count_spreadsheet.getSheetByName('カウント用シート名');
  var record_sheet = record_spreadsheet.getSheetByName('記録用シート名');
  
  //カウント対象の単語の設定
  var sho = "おしっこ";
  
  //単語の数をカウント
  var sho_count = OmorashiCount(count_sheet,sho);
  
  //カウントした数を記録
  RecordToSheet(record_sheet,3,sho_count);
  
  //カウント用シートをクリア
  ClearSheet(count_sheet);
}


//sheet内にあるstringの数を返す関数
function OmorashiCount(sheet,string) {
  var count = 0;  
  
  //おもらしをカウント
  for(var c=1; c < 15; c++){
      var string_kari = sheet.getRange(1,c).getValue();
    if(string_kari == string){
        count = count + 1;
    }
  }
  return count;
}

//sheetの今日の日付の行のcolumnに、countを入れる関数
function RecordToSheet(sheet,column,count){
  
  //今日の日付を取得
  var today = Utilities.formatDate(new Date(), 'Asia/Tokyo', "yyyy/MM/d");
  
  //最終行の位置および最終行の日付を取得
  var lastrow = sheet.getLastRow();
  var lastdate = sheet.getRange(lastrow, 2).getValue();
  var lastday = Utilities.formatDate(lastdate, 'Asia/Tokyo', "yyyy/MM/d");
  
  //最終行の日付が空白なら今日の日付をセット
  //最終行が空白でなく、かつ日付が今日じゃないなら次の行に今日の日付をセット
  if (lastday == ""){
    sheet.getRange(lastrow, 2).setValue(today);
  }else if (lastday != today){
    lastrow = lastrow +1;
    sheet.getRange(lastrow, 2).setValue(today);
  }
  
  sheet.getRange(lastrow,column).setValue(count);
}

//sheetをクリアする関数
function ClearSheet(sheet){
  sheet.clear();
}

 

スクリプトを作ったら、メニューの

編集現在のプロジェクトのトリガー にて

以下のように設定。

毎日深夜に集計作業が行われるようにしました。

 

f:id:ne-go_00:20180929141616p:plain

 

以上で作業は完了です。お疲れさまでした。

カウント用シートができてしまうのがちょっと微妙な感じ。。。

何かいいやり方はないものか。。。

あと初めてソースコードをブログで載せてみましたが、

フォントとか微妙すぎるので気が向いたら直します。

 

参考にさせて頂いたページ

技術ブログの「ソースコード」表示を効果的にカスタマイズする方法 | maesblog

Google Homeに話しかけて娘のおむつ交換を記録する