挙手は控えめに

主に趣味のことを気の向くまま書いています。

EVE-NGにISEを入れたときのメモ

VMware PlayerでEVE-NGにISEを入れた時のメモ。

用意するもの


・ISE本体

 ...公式(Software Download - Cisco Systems)からダウンロード。

  私の権限でダウンロードできたバージョンは1.1.4でした。ありがたや。

  この記事ではISEのISOイメージを使っています。


・EVE-NG

 ...公式(Eve-NG)からダウンロード&インストール。この記事ではインストール前提です。


VMWare Player

 ...公式(VMware Workstation Player | VMware)からダウンロード&インストール。この記事ではインストール前提です。

手順


VMWare Playerを開き、「新規仮想マシンの作成」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222327p:plain


「新しい仮想マシンウィザード」ウインドウが表示される。

「後でOSをインストール」を選択し、「次へ」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222432p:plain


Linux」「Red Hat Linux Enterprise 6 64bit」を選択し、「次へ」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222447p:plain


仮想マシン名を入力。ここでは「ISE_Test」とした。

フォルダの場所は後で使うので、覚えておき、「次へ」。
f:id:ne-go_00:20190217222510p:plain


ディスク容量は60GB以上に設定する。

「仮想ディスクを単一ファイルとして格納」を選択し、「次へ」。
f:id:ne-go_00:20190217222530p:plain


「ハードウェアをカスタマイズ」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222542p:plain


「ハードウェア」ウインドウが出る。

メモリを4GB以上に設定。
f:id:ne-go_00:20190217222553p:plain


「プロセッサ」を選択し、コア数を選択。

Intel VT-x EP T または AMD-V/RVI を仮想化」にチェックを入れる。

※PCのBIOS設定で事前にCPU仮想化機能が有効化されていること
f:id:ne-go_00:20190217222604p:plain


「新規CD/DVD(SATA)」を選択し、「ISOイメージファイルを選択する」を選択。

ISEのイメージファイルを参照させる。

ここまでの設定が終わったら「閉じる」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222620p:plain


以下の画面に戻る。「完了」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222632p:plain


以下の画面に戻る。ISE_Testの「仮想マシンの再生」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222641p:plain


以下の画面が表示される。「1」を入力しEnter。
f:id:ne-go_00:20190217222651p:plain


なんやかんやメッセージが流れて、インストールが始まる。
f:id:ne-go_00:20190217222707p:plain


インストールが完了すると、自動でリブートする。

リブート後、以下画面が表示される。
f:id:ne-go_00:20190217222718p:plain


何も入力せずに、VMWare PlayerのメニューからOSをシャットダウンする。
f:id:ne-go_00:20190217222729p:plain


以下のウインドウが表示されたら、「はい」をクリック。
f:id:ne-go_00:20190217222737p:plain


VMware Playerを使うのはここまで。


ここからEVE-NG(構築済みの前提)を使う。

EVE-NGにログインし、以下コマンドでISEイメージ格納用フォルダを作る。

ここではフォルダ名は「ISE-1.1.4.218」。

mkdir /opt/unetlab/addons/qemu/ISE-1.1.4.218/


VMWare Playerの仮想マシン保存フォルダへ行く。

以下のような拡張子「.vmdk」ファイルがあるはず。
f:id:ne-go_00:20190217222755p:plain


上記のファイル(このメモでは「ISE_Test.vmdk」)を、先ほど作ったEVE-NGのISE用フォルダに入れる。

※この記事を作ったときはFileZillaでsftp接続した


vmdkファイルの格納が完了したら、EVE-NGで以下コマンドを打つ。
ISEフォルダ名とvmdkファイル名は適宜読み替え。

cd/opt/unetlab/addons/qemu/ise-1.1.4.218/
/opt/qemu/bin/qemu-img convert -f vmdk -O qcow2 ISE_Test.vmdk hda.qcow2


上記コマンドが正常終了したら、元のvmdkファイルは消してよい。

これでISEがEVE-NG上で動かせるようになったはず。
f:id:ne-go_00:20190217222821p:plain


起動してくれた。完了。

昨年やったゲームと、今年やりたいゲーム

1月も半ばを過ぎましたが、ライフログ的な意味も込めて、

昨年の振り返りと今年の予定を残しておきたいと思います。

 

昨年のプレイゲーム

 

あんまりゲームできなかったな、って思ってたけど

意外とやってた。

 

プレイ中

 

FF12、なかなか据え置きゲームする時間が取れず、放置になってます。。。

マリオカートは、最後プレイしたのが64で、Switchで面白いゲームないかなーと

とりあえずやってみたのですが、久しぶりにプレイしたらすごく楽しいです。

全クラスで金トロフィーとりたいな。

ハッピーホームデザイナーも、インテリア好きなのですごく楽しい。

本家のどうぶつの森でインテリア揃えようと思ったらすごくお金がかかるけど、

こっちは好きなインテリア置き放題なのが素晴らしい。

 

今年プレイしたい

 

せっかくSwitch買ったので、ゼルダやってみたい。アクション苦手だけど。

あとP5Rが楽しみすぎる。。。!!

 

【ポケモンピカブイ】クリア感想※ネタバレ有

ポケットモンスター最新作 Let's Go ピカチュウを先日クリアしました。

もう少しプレイするとは思うのですが、

とりあえず初回四天王クリアしてハナダの洞窟まで行ったので、感想を残します。

 

www.pokemon.co.jp

 

 

本作は、本編とかいう話もありますが、

私は初代リメイクとしてプレイしていたので、

他世代との比較はもちろん、初代との比較も含めての感想になります。

 

 

ストーリー

おおよそ初代と同じですが、いくつか違いがあります。

取り上げておきたい違いは、

・ライバルは隣の家に住んでいるが、グリーンではない(グリーンは冒険済みという設定)

マチスからサインがもらえる(ポケモンSM主人公との設定絡みか?)

・ブルーが出る

・ムサシ、コジロウ、喋らないニャースが出る

あたりでしょうか。

 

ポケモンSMでもちょっとだけありましたが、

今回もアニメからの出張がありましたね。

ブルーは、初代の没になった女主人公を彷彿とさせる服装でしたね。

初代とは別次元の設定なんでしょうか。。。

グリーンはリザードン、ブルーはカメックス、おそらくレッドがフシギバナということで、

ポケスペっぽいなあーと勝手に思ってました。

 

ライバルは、やっぱり初代をプレイしていた人間としては

グリーンが好きですねー。

「このおれさまが!せかいでいちばん!つよいってことなんだよ!」が聞きたかったです。

今回のライバル君は性格も良いし、すごく普通の男の子って感じでした。

悪くはないのですが、もう少し尖った性格でもよかったというか。。。

 

あとあと、オーキド博士の川柳がゲーム内で聞けるとは思いませんでした。

これは嬉しかったです。

 

システム

本作は、野生ポケモンとの戦闘がありません。

また、野生ポケモンとはシンボルエンカウントになったので、

虫よけスプレーが無くても野生ポケモンとの戦闘を避けることが可能です。

これは非常に良い点だと思います。

また、2人プレイをすれば、トレーナーはもちろん、

ジム戦やリーグ戦も1対2で有利に戦うことができます。

が、別に2人プレイじゃなくても本作は戦闘は簡単だと思います。

きちんと全トレーナーと戦ったり、野生ポケモンを捕まえたりしていけば、

普通にレベルがあがって初回四天王までは余裕でした。

ポケモンGO勢を取り込むため?に比較的簡単に作られているのかもしれません。

 

なお、戦闘が簡単なのは、単純化されているからでもあると思われます。

本作は、ポケモンの特性がありません。

ガルーラがメガシンカしてもおやこあいはありません。

それだけではありませんが、特性がないことによって

戦闘が単純になり、他世代をプレイしている人間としては

正直物足りなかったのも事実です。

初代のときは特性なし、性格なしで楽しめていたはずなのですが。。。

 

BGM

ほぼ初代リメイクBGMだと思います。

ただし、野生ポケモンとの戦闘がないので、戦闘BGMを聞けるのは

イベントでポケモンと戦闘するときだけです。カビゴンとか。

戦闘BGM流れたときはちょっとテンション上がりました。

あと、チャンピオン戦BGMはやっぱり鳥肌立ちました。

2週目のチャンピオン戦はどうなるんだろう。

これから行きたいと思います!

 

 

以上。年内ギリギリで何とかクリアできて良かったです。

来年もきっとポケモンは何かしらプレイしていると思うので、

引き続き感想を残せたらいいな。。。。。

 

【ヲタクに恋は難しい】アニメ感想

今更ですが、録りためてて放置していた

アニメ「ヲタクに恋は難しい」を、先週一気に観ました。

 

wotakoi-anime.com

 

全11話でしたが、作者様と年代が同じ?なのか

ネタがどハマりしてしまい、あっという間に観終わってしまいました。

あまりに面白かったので、コミック既刊6巻全部買ってしまった。。。

マンガも面白かった。

 

ヲタクは喋り方が基本残念(自分含む)なイメージもあるのですが、

アニメはメインキャラ全員さすが良い声で

うわキモッとは全くならなかったです。ていうか声優豪華だし。

 

セーラームーンドラゴンボールCCさくらあたりのネタが出てきて、

他のネタも年代が同じような感じ?なので、どハマり世代はその付近なのかと思います。

分からないネタもありましたが。。。勉強不足ですね。

 

少女漫画的なときめきもありつつ、

ヲタク的なノリの笑いもある、いわゆるラブコメで、

今のところシリアス要素がなく気楽に観れるのが良いです。

ついでにアニメOPも脳内ループしまくってました。

 

アニメの続き?があるようなことがコミックスで匂わされていたので、

今後に期待!したいと思います。